なぜジェネリックは安いのか

安いタダシップはシアリスのジェネリックであり、日本だけではなく世界中で使用者の多い人気の高い薬です。
テレビコマーシャルや新聞雑誌広告の中で見かける、この「ジェネリック」ですが、一体どこが違うのか分からないと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

こちらではその違いに関する情報をお伝えしています。
ジェネリックは私たちの生活に無くてはならない存在になっています。

何が違うのか

タダシップはシアリスのジェネリックですが、どこが違うのでしょうか。
まずジェネリックのデータとなったシアリスですが、こちらは「先発薬」と呼ばれる種類に分類されます。

次にタダシップですがこちらはジェネリックであり、別名「後発薬」と種類に分類されます。
先発薬は真っ白な状態から成分を作り、それを配合し、長い年月をかけて研究開発される薬になります。

後発薬はその先発薬のデータを基に薬を作ります。
そのため、開発費や研究機関などを大幅に減少することができ、コストパフォーマンスに成功した薬と言っても良いでしょう。

では、先発薬は大損害と思うかもしれませんがこのタイプの薬には「先発薬で開発された成分を使用してはいけない」という特許を設けることができます。

インドでは特許をクリアすることができる

タダシップを開発しているインドではその特許をクリアすることができます。
そのため、ED治療薬だけではなく海外で販売しているジェネリック医薬品がほとんどと言われています。

コストが安い分消費者も安く購入できる

コストパフォーマンスに成功した薬であるため、タダシップだけではなくジェネリック全般が先発薬よりも非常に安い値段で購入することができます。

特許をクリアすることができるインドは今までもこれからも様々なジェネリックタイプを開発していくと思います。

まとめ

先発薬と後発薬の成分は同じですが配合されている添加物などに違いがあるため、副作用の発症率なども違います。

タダシップは中折れなどEDを治療する薬はどれも発症率は低めなので、あまり気にする必要はありませんが、副作用は薬につきものなので症状等を確認してから使用してください。